独り言,  韓国正規留学

延世留学中に出来た、外国人の親友。 | 韓国正規留学

あんにょん!韓国女性起業家のびよんせです?

最近自分のセルフブランディングについてよく考えていて、今後は”韓国女性起業家”としてオンライン&オフライン上でも自分をアピールしていけたらなと思っています!笑

そして今日は、そうとう昔にFBページブログの記事にちょこっと書いていたんですが、”外国人の親友”について書いていこうと思いますー!✨

 

親友とは?


基本的に物事の定義付けは結構重要だと思っているので、まず私にとって親友とは何かを考えてみました。

ちなみにこの定義付けの大切さは、休学時代の学びの一つだと思っています。

延世大学を1年休学…その時の学び! | 独り言

私にとって親友とは、

私がどんなひどい状況に置かれても最後まで味方してくれる家族以外の存在

です。具体的な例でいうと、私が殺人容疑をかけられたとして明らかに周りが全員私を疑っていても最後まで味方してくれたりするような存在ですね。

延世大学時代には二人のとっても大切な親友が出来ました。

大学一年生の時のぷりくら!笑
大学一年生の時のぷりくら!笑

そのうち一人はタメのベトナム人の女の子、もう一人は2こ下のKorean-American(韓国系アメリカ人)の男の子です。二人とも同じ学部の同期で、2011年に一緒に入学しています。

ここでまた異性の親友なんてありえるのかという話も出そうですが、私は異性の親友はありえると思っていて、異性の親友ほど最強なものはないと思っています。笑

 

 

全てに関しての相談相手


二人とはとにかく長い時間を過ごしましたし、私の家族を紹介したりもしていて、私に関して知らないことはないんじゃないかと思うぐらい全てを把握してくれています。(母親が遊びに来ると一緒に空港に迎えにいったり、お互いの彼氏・彼女を紹介しあって仲良くなったり、風邪引いたりするとすぐさま家までお粥を届けてくれたり…)

ここまでくると何なら家族よりも私の事をよく分かっていて気遣ってくれている気がします。笑

大学当時は、勉強に関しての悩み、恋愛の悩み、家族の悩み、将来の悩みetc…

についてよく話していました。

お母さん含め3人で清渓川散歩!w

日本人ってなんだかんだ親友といっても、一線引いてお互いのスペースを尊重してる部分があるなと思っているので、もしかしたら実際信頼出来ているのは日本人の親友よりもこの二人かもしれないです。(その点、外国人だとガンガン自分の懐に入ってきますw)

高校まではお互い全然違う世界にいて、大学でたまたま同じ学部だったってだけでここまで理解し合えるのは、今でも不思議だなあと思っています。

 

海外留学の醍醐味?!


語学力向上にはにはやはり現地の人と付き合うのが一番手っ取り早いと言われますが、私は基本的に外国人男性とは縁がなかったので、この二人のおかげでかなり語学の勉強にもなりました。

例えばベトナム人の子とは学科も同じだったので、英語で国際政治についてひたすら話したり、世界情勢について話したり、、、(まじめやん←)

大学時代はいつも一緒にカフェで勉強していました@ゴンチャ

韓国系アメリカ人とは英語と韓国語で今はビジネスの相談をしたり、彼の哲学について語ってもらったり、プログラミングの話をしたり…!!

日本語しか喋れていなかったら二人に出会えなかったと思うと、、、

と過去に何度も思いました。(笑)

そして育った環境や文化が違う為、二人とも私と全く違う考えをもっていて、考えもしなかったようなアドバイスをくれたりしてとっても勉強になります。

親友の当時の彼とお母さんの4人でホーチミン旅行!笑

 

今回書いてて思ったのは、社会人になってしまうと中々新しい出会いがなかったりしてこの歳で親友を新たに作るのって結構難しい気がします。

自分の良き理解者がいるって、とっても良い事だと思うので、今後も親友を大切にしていこうと思います???

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ツールバーへスキップ